学生時代にやっていたボンバーマン

| コメント(0) | トラックバック(0)

学生時代にやっていたボンバーマン プレステのボンバーマンを教え子の時に仲間というもっとやっていました。普通のボンバーマンではなく、さまざまな用量を持っているボンバーマンになって対 決していました。最初はライバルを壊すためにも、ボムで順路を作っていく必要があります。そのときに、道具がいっぱい出ると嬉しいですが、ライバルのとこ ろだけいっぱい出てるなんてこともありました。そしてタマゴが出てくるというペットに乗りながら闘えます。但し、そのペットにも様々な品種があって、自分 が好きじゃないペットだと直ぐ殺してしまい次のタマゴをゲットしにいきます。最高峰明るいのはペットを連れながら、1個だけタマゴも維持できるコーディ ネートです。ペットの裏手に関して来るタマゴがとてもいえません。そうして、ぶち壊す順路もなくなったら次はどんなにライバルをなぎ倒すかということを考 えます。そのときに大事なのが、連続で関するボムの度数です。度数が多ければ多いほどボムの効き目は大きくなります。さらに、先に倒されたそれぞれはよそ 者からボムを投げて中で闘っているそれぞれを倒すことができます。但し、倒れるのはごくまれでした。群衆戦のときは、よそ者のそれぞれに敵にボムを当てて 雑貨を鳴らすということをやっていました。そうなるとライバルの道具が消え去り、打ち倒しやすくなるからです。いかにして勝つか練り上げるのがとっても楽 しかったです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mediareadyinc.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13

このブログ記事について

このページは、dzhsd6emAsdhsg7stratorが2016年3月15日 23:48に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「その星に生息するピクミン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。